6月20日

書きたいことがありすぎて、140字に限界を感じたのでブログにまとめることにしました。

まだ本当の本当に決まった訳ではないけど、自分の気持ちを整理しないといけないなと感じたので。


まずは森田美勇人くん、兼任お疲れ様でした。

最初に聞いたときにびっくりしてしまって、お疲れ様って言葉をつぶやけなかったけれど、この1年で1番しんどかったのはファンではなくて他でもない本人だから。

ジャニーズJr.で唯一の兼任、同じ現場なら出番が2倍で、違う現場なら隙間時間で稽古してかたや本番で。
こんなに簡単に口にしていいのか分からないほど、本当に大変だったと思っています。

ファンとしては、同じ現場だと全員の場面でどっちの衣装でいるのかもわからず、見失ってしまったり…やっぱり兼任のしんどさはありました。
それと同時に「今回はLove-tuneの衣装が多かった」だの「今回はトラジャの方にいることが多かった」だの、そんなレポを見るのもしんどかった。
「どっちの方が好きなの?」とか聞かれることも多かった、この質問が正直一番しんどかった。

そもそもすごく穏やかで優しい性格なのに荒れちゃう時点で(グレ期)精神的にも肉体的にもかなり追い詰められてたんじゃないかな。
人間て精神的に参ると身体にも不調をきたすし、体力の限界がくると心もしんどくなるじゃん。
SnowManとか恐ろしい現場量こなしてるけど、あれは6人だから支えあってやっていけるんだと思う。
やっぱり1人だけがそんな状況に置かれたら、同じ立場で話せる人もいないし、溜めこんじゃうんだよね。

今回の件で何か安井さんとかすごい叩かれてるけど、わたしはグレてた美勇人くんを救ってくれたことにすごく感謝してるよ。
正直あそこで誰かが踏み込まなかったら本人が爆発しちゃってたかもなって思う。もう退所してたかもしれない。
Love-tuneのインタビューでしかその話をしてないはずだけど、トラジャもきっと助けてくれてたんだと思うし、この1年は素敵な仲間に支えてもらって、すごく大切な財産になったと思ってます。

正直、いつかはどっちかに絞らなきゃいけないっていうのは本人もわかってたんだと思う。
そこでLove-tuneを選ぼうがトラジャを選ぼうが、美勇人くんが納得してるならそれでいいです。

「美勇人はトラジャを捨てた」「トラジャのこと嫌いになったの?
今回こういう意見も散見するけど、ジャニーズJr.って学校の仲良しグループじゃないから、そんな簡単な世界じゃないと思うんですよね。
嫌いだから抜けました、なんて小さい世界の話じゃなくて、大きなお金も絡むビジネスだし、仲良しこよしで上がっていける世界じゃないんだから、利己的になるのは当たり前。
ファンの気持ちでタレントの人生は操れないからね。

わたしは森田美勇人くんという人が好きで、どこのグループにいても輝いてくれると信じています。
この1年ですごく成長した、グレ期も乗り越えて、留学もして、自分のために頑張ってる美勇人くんのこと、これからもずっと応援します。














クリエの覚書

Love-tune 1周年おめでとう!!

少しばかり遅くなりましたがクリエお疲れ様でした。
セトリ順にただただ感想をまとめただけの記事です。twitterには書き切れなかったのではじめてはてなブログさん使ってみました。

まだまだ書き切れていないので更に加筆していきますがとりあえずあげさせてもらいます。


★登場~CALL
てっきり舞台上に楽器が置いてあるからまさか誰も12列から登場するなんて思ってなかった。初日、早速ここで度肝を抜かれるのと同時に、これは期待できると確信の夜を走り抜けた。目の前で例のピンク衣装で登場したLove-tuneはキラキラしていた。

イケメン、キラキラ、バンド上手い。

そしてあの恐ろしく狭い空間でのCALL。熱量がすごい。箱が小さすぎる。横浜・埼玉での一体感どころではなくて、既にLove-tuneに支配された空間だったなあ。

★レスキューレスキュー・Keep the faith・自分のために
キプフェのイントロでゾクっとした。みんな絶対歌ったことあるのに、Love-tuneのキプフェは別物だった。熱量がすごい。(2回目)

自分のためにのイントロ歌わせるのはいいアイデアなんだけど、女子にはキーが低すぎた。本人たちも初日「あっ…」みたいな顔してたし気づいてくれたみたいだし。千秋楽はファンが慣れてきて、なんとか頑張って声出してた印象でした。Love-tuneのファン順応力高すぎる。

★和コーナー(MOON・PSYCHO・SHE!HER!HER!)
モロの和太鼓×萩ちゃんのドラムセッションからスタート。打楽器いつも1人だからセッション出来たの嬉しかったらしい萩ちゃん。かわいい。
衣装はなんとなーくメンバーカラーっぽい雰囲気だなあと思っていたらオリジナルとのこと。
MOONはいつかLove-tuneにやって欲しいと思っていた楽曲だったので鳥肌…。あのイントロで腰抜かしかけたら、目の前のお姉さんが膝から崩れ落ちた。わかる。最後の縦1列のパフォーマンス、美勇人くん一番前で膝ついてベース引いてるんだけどさ…あれは女抱いてるようにしか見えない(確信)

余談ですがあの縦1列のバランス考えた人天才だと思う。

MOONの妖艶な演出から、PSYCHOでガラッと雰囲気が変わったのもよかった。扇子持ってのダンス、華やかだし色気あるし最高。

★Otherside・SEVEN COLORS・MU-CHU-DE恋してる
はっきり言いますけど初日にOtherside聞いたとき曲知らなかったんです。ギターメインのかっこいい曲だなあ、こんな曲あるんだっていう印象。初日終わってから一部の界隈がざわついていて初めてSMAPだったこと知って。本人たちがいろいろ試行錯誤して決めたことだから、千秋楽までやり続けてくれたことがかっこよかったな。(もちろん賛否両論覚悟の上だろうけど、否定意見が多くてやらなくなるかも、という気持ちもあったので)

★NO WAY OUT
最終日、ペンライトなしでやろうって発案したの誰ですか?
正直に申し出てくださいお中元送らせてくれ。

千秋楽はかなり後列にいたのですが、後列からの映像が今でも目に焼きついてる。とにかく感動して、しんどかった…。

みんながちゃんとペンライトしまって、音と声だけであの一体感を生むってすごい。ファンが手上げて、声出して、クラップして、Love-tuneが歌って、弾いて、盛り上げて。お互いが全力で1曲を作り上げていく感覚だった。

Love-tuneのみんなのあの笑顔はしばらく忘れられないなあ。本当にいい顔してた。

★Secret Lover・My love・恋を知らない君へ
叫びました。
Secret LoverはLove-tuneがツアーバックだったSLTコンサートで見て、「なんでこの曲バックついてないの!?!?」というほど好きな曲だったので…。そしてMC前までの新衣装から一転、白シャツに黒スーツ黒ネクタイ。(withBみある)
初日は3人(はぎさなあらん)で最初出てきたのでここから3・2・2のユニットコーナーなのかな、美勇人くんも踊って欲しいなあ…

とか思ってたら出てきた。バリクソ足長くて怖い。

そして元キスマイ担としてイントロでまた叫ぶ事案が発生。My love。すっかり記憶から消えていた楽曲で…ここでそれ持ってくるLove-tuneっょぃ…個人的には1:6で美勇人くんがメイン?で構成されていてドチャクソ高まりました。フォーメーションもセンターが多かったので大満足でした…。天に召された。

恋を知らない君へはご存知の通り萩ちゃんとながつ。
初日は会場もまるで息子の発表会を見に来た親のような空気感。間違えて詰まっちゃったりしたけど、千秋楽ではすごく上達してて。聞いた話ですが当日券並んでたら練習の音が聞こえてきたとのことで、さすが努力家だなあと感心しました。個人的にはあの萩ちゃんがお兄ちゃんになっててとてもエモかった

★私立Love-tune学園・モロササイズ
突然の修学旅行、ハワイ。いや普通にハワイ行きたい。なぜかハワイで旅館に泊まってて布団しいてて枕投げして高い壷割っちゃう。ハワイ感皆無でワロタ。

恋を知らない~からの流れがすごいなと思ったけど、すぐにこうやってコントにいけるのもLove-tuneの構成の上手さと個々のスキルだなと思った。面白くてずっと笑ってたし、なんならその辺の芸人さんより笑いのセンスあるな?個人的には「かゆかゆ」「まーきのっ」がツボで今でも思い出し笑いしてる。モロササイズにいく流れも自然だったし良かったです。

個人的に隣の人と手をつないでとかが割と苦手で、今回もあるのかな…どうしよう…と思ってたけど、気づいたら自然に隣の人と手をつないでる自分がいた。モロさんと安井くんが上手く盛り上げてくれたので全く嫌な気持ちにもならず心から楽しめた。いやモロさんすげーな。何者。と思ってたら天界の方らしいね。

その後、『Love-tuneがもーっと、もーーっとすきになーる』魔法をかけてもらいました。
そしてこの魔法解けません。というかさらにひどくなってる気がする。

★Masterpiece・アイノビート・Revolition
来ましたみんな大好きMasterpiece!!!これで去年ファン増やした感もあったし久々に見れてやっぱりかっこよかった。ガシガシ踊る-tuneさんもかっこいい。
この3曲の流れもよかった。ラストに向けて盛り上げてく感じ。

★言葉より大切なもの
本編最後の曲。
千秋楽では「お前ら声出せるか!?」「Love-tuneの一部になれるのか!?」と煽ってくれて最後の最後まで声出したのでわたしももうLove-tuneなんだ(突然)

「あなたよりも大きな愛はどこにもないんだよ」ここLove-tune7人とファンで大合唱してとてつもなく感動した…。こっちからしたらLove-tuneのことであり、あっちからしたらファンのことをさした歌詞に思えた。昔からよく聞いてる曲なのに、また新たな気持ちにさせてくれた曲でした。

★EC:Make it・SHAKE

Make it、作詞・真田佑馬 作曲・萩谷慧悟のとてつもなくエモい1曲。なお初披露。
初日は照れて「みなさんで歌詞の意味は考えてください。」とか言ってたさなじいが、千秋楽では歌詞の意味を解説してくれるほどにエモい。生演奏なだけあってまだまだ荒削りなところも多いけど、それすらエモい。個人的に「見てみて」の安井くんの声好きです。

また加筆しますがとりあえず。